森山の視点
リスクを受け入れる

最近は概念的な話が多かったのでもう少し踏み込んで「リスクを受け入れる」という事について書いてみたいと思う アバランチエアバッグ *写真は今期BCAから発売された初となる電動タイプのエアバッグ エアバッグ装着されていますか […]

続きを読む
森山の視点
事故の先にあるもの

この話題はどうしても書きたくなかったが、今がその時なのかな?と書くことを決意した。 写真は2013年GWに白馬大雪渓で発生した雪崩 詳細はネットで報告書が見られるのでそちらで確認して頂きたい 写真のデブリは事故を引き起こ […]

続きを読む
若林の視点
雪さんありがとう

祈る 今年5月6日未明の霊夢、白光が輝く世界の中心に自分が輝いている。神々さまから、お前の祈りは無私無欲である、という認証をいただいた瞬間であった。 僕の場合は、1977年に家庭問題で悩み、五井昌久先生の白光真宏会の戸を […]

続きを読む
森山の視点
自然を捉えるときにやってはいけないこと

捉えどころのない自然を捉える時に自分が実践している事を今日は書いてみたいと思う 雪崩がわからなかった日々 雪崩管理を本格的な仕事として始めたのは8年前の栂池高原スキー場で 当時はNPO法人に所属していて、雪崩管理の任につ […]

続きを読む
森山の視点
槍ヶ岳山荘小屋開け作業#2

雪の少なさも相まって外の除雪作業はほぼほぼ終わりを迎えている。 例年であれば5月末まで細かい除雪は続くので、雪の少なさに加え、雪の柔らかさがどれだけ異常か… 通常であれば、積雪の下層に近づくにつれて厚い氷板が現れ、投雪機 […]

続きを読む
森山の視点
槍ヶ岳山荘小屋開け作業

例年この時期になると行っているのが槍ヶ岳山荘の小屋開け作業 確か今年で8年目になると記憶している 毎年この時期の恒例行事で自分の中ではお祭りみたいな毎年欠かせないものとなっている その年その年の答え合わせ 槍の小屋開けで […]

続きを読む
森山の視点
各地で猛威を振るったグライドクラック、全層雪崩への考察

各地で被害をもたらしているグライドクラック、全層雪崩について私なりの考察を書いてみたいと思う。 3月13日の夜の降雨を境に各地で全層雪崩が猛威を振るった。 営業中のスキー場、営業時間外のスキーコース、山など 場所は様々だ […]

続きを読む
森山の視点
リスクの捉え方

リスクを捉える リスクの捉え方って人それぞれだなと思う。 次の写真を見た時に何を考えますか? ある講習会で上の写真をお見せして話をしていた時に 質問コーナーで「雪崩地形を通過する時に一人ずつ通過しなくて良いのですか?」 […]

続きを読む
若林の視点
ニセコ:雪崩処理原始時代

ニセコ:雪崩処理原始時代 ■ 1958年北海道大学スキー部山班に入部 最初の 3 年間で 312 日間山に入り、うちニセコで 32 日を過ごした。 ■ 1983年6月、38ページの冊子を農学博士・新田隆三が刊 […]

続きを読む
森山の視点
大会週間

おむすびオープンに山岳スキー競技日本選手権 大会週間が続いております。 2月23日は八方尾根スキー場、フリーライディングエリア「おむすび」にて 第1回おむすびオープンが開催されました。 そう、あのおむすびにてフリーライド […]

続きを読む